2017/06/04

Windows 10 仮想デスクトップ

Windows 10 の仮想デスクトップという機能を今更ながら使ってみたんだけど、便利かどうかは微妙な感じだね。普段から活用してる人いるのかな?

仮想デスクトップにおける「デスクトップ」というのは、フルスクリーン表示を強制されている MDI アプリケーションの親ウィンドウのようなものと考えるとわかりやすい。そのデスクトップ内で起動される通常のアプリケーションやファイルのすべてが子ウィンドウということになる。

親ウィンドウとなる「デスクトップ」は複数起動することができて、それを切り替えながら作業をすることになる。

それのどこが便利なのか???

異なるデスクトップで別々の作業ができて便利というのが大半のサイトでよく見る説明のされ方だけど、確かにそれは理屈としては理解できないこともない。たくさんのファイルを一度に開いたりしてデスクトップがとっ散らかってしまうようなときには便利なのかもしれないと思った。

ところが実際に使ってみると、いちいちデスクトップを切り替えるためにひと手間増えてしまうわけで、効率は逆に落ちているような気もしてしまうのだ。わざわざデスクトップを切り替えなくても大量のファイルやアプリケーションを同時に開いて作業することはできるし、その方が早い。クリック数は明らかに増えているし、バックグラウンドのデスクトップの状態は全く把握できないというのも不便でしかない。どこにどのアプリケーションやファイルが開かれているのかということはすべて頭の中で把握しておく必要があるから記憶力の訓練にはなるかもしれない。

慣れの問題かもしれないのでしばらく使っているうちに効率のいい使い方もできるようになってくるのかもしれないけど、今のところは無理して使うほどのメリットは感じられない。

多分、一般のライトユーザーには不要な機能であって、よっぽどハードにパソコンを使いこなしている特殊な業種の極一部のユーザー限定の機能ということなのかもしれない。

一部のユーザーにとっては便利な機能であっても、それがすべての人にとって便利かというとそうでもないってことだよね。

とはいえ、私自身はどちらかといえばパソコンをハードに使いこなしている方の人間なので、もう少しこの仮想デスクトップを使い続けてみて便利な使い方を模索してみたいと思う。

2017/03/16

機内モードで電磁波の影響を完全に無効化する

スピーカーで音楽を聴いているときにスマホをいじっていると時々「ジジジー」というノイズが入ることがあります。おそらく通信時に発生する電磁波のノイズだと思われます。

電磁波って目に見えなくても、こんな風に音として聞こえたりするとその影響を実感できたりします。人体にもそれなりに影響は与えているはずです。

気になったので電波が出そうな機能は可能な限り無効にしてみたのですが、それでもノイズは消えませんでした。

最近新しくスマホを買ったのですが、今時のスマホはユーザーが知らないうちにバックグラウンドで多種多様な通信をしてるんですよね。あまりに複雑すぎてユーザーの手に負えなくなってます。

Wi-Fi や Bluetooth を無効にするのはわかりやすいように思えますが、実は無効にしたつもりが無効になってなかったりします。無効にしてあっても位置情報取得の目的で勝手に通信が行われていたりするんです。一応、これも設定の奥の方のわかりづらいところで無効にできます。

位置情報の取得には通常は GPS をつかいますが、これも電波を使いますね。ただ、受信のみならそんなに影響はないのかな?という気もするのですが、情報が少ないのでよくわかりません。とりあえず地図アプリのナビとかゲームとか(Pokémon GO とか)で使わないのなら無効にしておきます。

いわゆる 3G とか 4G LTE とかいうモバイルネットワークのデータ通信も無効にするのは簡単そうですが、最近のスマホでは無効にしたつもりが無効になってなかったりします。普通に無効にしただけだと通信が無効になるだけで、電波の捕捉は続いてるんです。なので当然電磁波を発生してノイズの原因になる。これを切る方法がなかなかわかりませんでした。

モバイルネットワークの電波を切るにはスマホの電源を切るか、「機内モード」 にする必要があります。ここが肝ですね。機内モードにして初めてモバイルネットワークを含めすべての電波による通信が無効になります。実は、これさえ知っていればワンタッチで簡単に電磁波をシャットアウトできちゃうんですけどね。

普通は通信を無効にするために機内モードを使おうとか考えませんよね。飛行機に乗るとき以外には必要のない機能だと思うものです。でも、これが意外と便利だったというわけです。

機内モードにすることでやっとスピーカーのノイズも消えました。

実はこの機内モードのメリットはそれだけじゃないんです。ワンタッチで電磁波をシャットアウトできてしまうということは、電磁波の健康被害から身を守るために日常的に使うべき機能だとも言えます。

電磁波の健康被害についてはまだ研究がそれほど進んでいないようで、本当のところはどれほど悪いのかということもよくわかっていないようですが、かなり深刻なものもあるようです。

例えば寝る時にスマホを枕元に置いてる人も多いかと思いますが、これは一晩中頭部が電磁波の影響に晒され続けることを意味します。 つまり、脳への影響が出るわけです。人によっては脳腫瘍の原因になったり自律神経失調症になったり睡眠障害を起こしたり鬱病になったりと、いろいろな問題があります。

電話をするときもスマホを頭部に密着させることになりますが、これは最も危険な行為とも言えます。ほぼダイレクトに電磁波の影響が脳に到達してしまうわけですからね。電子レンジでチンするようなもんですよ。電話をする場合にはイヤホンマイクやヘッドセットなどを使うようにした方が安全だと言われています。

ズボンのポケットに入れて持ち歩いている人も多いかと思いますが、男性の場合は精子の減少の可能性があるとも言われています。それこそチンチンをチンするようなもんです。女性の卵巣への影響もあると言われています。特に妊婦は胎児への影響が計り知れないため気を付けるべきだと言われてます。奇形児とか生まれてきてから後悔しても遅いのですからね。

衣服のポケットに入れていれば内臓への影響が出て癌になったりすることもあるそうです。

外出時にスマホやケータイの通信を無効にしていたら電話もできないしメールや LINE 等もできないので意味がありませんが、それでも人体からできるだけ離して携帯するようにした方がいいでしょう。ポケットなどではなくバッグに入れて持ち歩いた方が安全と言えます。

自宅では固定電話を使い、インターネットは有線を使うべきでしょう。自宅にいるときにまでスマホやケータイの電源を入れておく必要は(本来であれば)ないはずです。電源を切らずとも機内モードにしておくことで電磁波の影響をゼロにできます。とはいえ、現状ではそれはあまり現実的ではありませんけどね。

せめて寝るときくらいは機内モードにしておくべきだとは思います。というか、スマホを枕元なんかに置かなければいいんですけどね。寝る前にスマホとか弄ってるとブルーライトの影響で不眠症になりますよ。

2016/06/05

Windows Live メールの代替ソフトを探す

Windows Live メール 2012 で Outlook.com との同期機能が使えなくなるという通知が来てたけど、タイムリミットは今月末らしい。

そもそも Windows 10 でサポート対象外の Windows Live メールを使っていること自体が問題でもあったんだけどね。Outlook Express の流れを汲むメールソフトとしては割と使いやすい面もあるから常用していた。

Outlook.com との同期機能が使えなくなってもメールについては POP や IMAP での送受信はできるから Windows Live メールを使い続けることはできる。実はそんなに困ることはない。

でも、やっぱり Windows 10 でサポートされていないメールソフトを使い続けるというのは何かと問題もありそうなので、これを機に乗り換えることを考えた方がいいかもしれない……というか、選択肢として Windows Live メールは外して考えたい。

Windows 10 で推奨されているのは UWP アプリ(ユニバーサルアプリ)の「メール」なんだけど、実際に使ってみるとあまりに機能不足でとても常用できるレベルではなかった。

マイクロソフトから来たメールによると「 1 年間無料の Office 365 Personal のサブスクリプションと Outlook 2016 を利用してアカウントにアクセスできます」とあるので、もし可能であるなら Outlook 2016 というものを使ってみようかとも思ったけど、2 年目からは何と!毎年 12,744 円も払わなければならなくなってしまう。これはとんでもない罠だ。大企業による堂々たる詐欺ともいえる。こんなものはとてもじゃないが使う気になれない。

そもそも Outlook.com はメインで使っているわけではないんだよね。たまにしか使わないメールに毎年 1 万円以上も継続して支払い続けるなんて馬鹿げている。OS ですら無料だというのに。

どうせ使うならメールソフトも無料の物を使いたい。

とりあえずメジャーなところでは Mozilla Thunderbird あたりが無難なのかなぁ?

Mozilla 系ではすでに SeaMonkey をインストールして使っている。SeaMonkey はウェブブラウザに HTML エディタやメールソフトが統合されたアプリケーションで、この HTML エディタを使うためだけにインストールしているといってもいい。せっかくなのでメールソフトの方も使ってやればさらに有効活用できる。

試しに一つアカウントを設定してみたけど、メール作成時にフォントの指定でバグがあったりと、いまいちな感じ。海外製のマイナーなソフトウェアなので改善はあまり期待できそうもない。

やっぱり無難に Thunderbird だと思うんだけど、海外製のソフトウェアはサポートに難ありと考えると、国産でメジャーなものを探した方がいいのかなぁ?

ちなみに、現在メインで使用しているのは国産の EdMax というメールソフトで、IMAP にも対応しているから Outlook.com のアカウントも全てこちらに作ってしまうこともできるんだけど、実際にやってみると IMAP は使いづらくて実用的ではなかった。

EdMax は作者が音信不通で今後のアップデートが絶望的なので IMAP の使用はあきらめる。

EdMax は今後も使い続けるけど、IMAP 用にサブのメールソフトはどうしても必要になってくるんだよね。

有料のソフトなら Becky! とか秀丸メールとか Shuriken あたりが有望なのかな? いっそのこと EdMax も捨てて他の有料ソフトに移行した方が賢いのかもね。

優柔不断な私。迷いすぎ。

2016/01/05

ガラケー・ガラホ・スマホ料金比較

今使っているガラケーを機種変更しようかと思ったので、ガラホやスマホにした場合の料金をシミュレーションしてみました。
結論から言うと、ガラケーからの機種変更は無駄に料金が高くなるだけで乗り換えるメリットはありません。
(以下で示す金額はすべて税込みです。)

まずガラケーの料金から。
使用している機種は au の F001 で、もうすぐ4年になります。液晶画面の滲みやバッテリーの劣化などが気になり始めています。
月々の支払いは通話やデータ通信をしなければ 1128 円(プランEシンプル+インターネット接続)になります。データ通信をした場合の上限は 5664 円ですが、私の場合はほぼ使用しないので下限の金額が通常の支払い金額になります。

このままガラケーの最新機種である MARVERA2 に乗り換えた場合は端末代金 840 円(36回払い)がプラスされるので 1968 円~ 6504 円 となります。

本命のガラホとしては AQUOS K SHF32 を選択すると、割引適用後の端末代金が 450 円(36回払い)になります。基本料金に VKプランS とダブル定額を選択して端末代金と合計すると 2393 円~ 6389 円になります。

スマートフォンでは端末代金が最も安くなる INFOBAR A03(324 円× 24 回)を選ぶとすると、LTEプラン(V)+LTEフラット(V)という組み合わせで 7814 円になります。それ以外の組み合わせでは割引が適用されなかったりするのでさらに高くなってしまいます。私が調べた限りではこれが最安です。

ということで、表にまとめると以下のようになります。
機種 最低 上限
F001 1128 5664
MARVERA2 1968 6504
AQUOS K SHF32 2393 6389
INFOBAR A03 7814

スマホにすると現状の7倍の料金になり、どう頑張ってもこれ以上安くすることはできないというのは異常ですね。受信専用の携帯電話として使うことしか考えていないのでスマホにするだけで 6700 円をどぶ川に捨てるようなものです。ありえません。

どうしても機種変更しなければならないとしたら選択肢はガラケーかガラホということになるわけですが、それでも現状からすると 1000 円前後の支出増となってしまいます。
とはいえ、新しい端末を購入するわけだからその分は仕方がないと思えば妥当な金額ともいえます。少なくともスマホのような馬鹿みたいに無駄な出費はありません。

ちなみにガラホの場合、AQUOS K SHF32 の一つ前の機種である AQUOS K SHF31 については割引額が増えるので実質 0 円で購入できます。そのため、ガラケーの MARVERA2 よりも月々の支払いを低く抑えることも可能になります。
ただ、どうせガラホにするなら高音質通話の VoLTE(ボルテ)に対応した機種を選びたいので、その分は余分に支払ってでも新機種の AQUOS K SHF32 を選ぶ価値はあると思っています。

正直、今使っている F001 が壊れなければバッテリーを購入するだけでこのまま使い続けたいとも思っているのですが、 VoLTE に切り替えるタイミングとしては今がちょうどよいという気もするので AQUOS K SHF32 に機種変更してもいいかなとも思います。

それにしても、スマホは酷いですね。
こんなにも料金の差があるのにスマホを使いたがる人が増えているなんて、いったい世の中どうなっちゃってるんでしょうか?
もしかして、これだけ損をしているということに気づいてなかったりするのでしょうか?

2015/06/12

Skype のオンラインステータスをウェブサイトに表示する方法

ログイン状態
先月くらいからついに Skype のオンラインステータス(ログイン状態)を表示するボタン(ウェブサイトに設置する物、公式版)が完全に使えなくなってしまったようです。ちょうど今から 2 年前にその件について記事を書いた時点で既に予兆はあったのですが、2 年の猶予期間を経て廃止に至ったという感じでしょうか。

使えなくなったものを無理して使おうとする必要もないとは思うのですが、やっぱりオンラインやオフラインが分かった方が連絡もしやすいとも思うんですよね。

そこで、以前とほぼ同じものを独自に作って置き換えてみました。ただし、以前のように自動的に Skype のステータスと連動するものではなく、手動での切り替えになります。

実は原理的には非常に単純(原始的)で、Skype を起動してオンラインになったら FTP でオンライン表示の画像をアップロードします。退席するときは Skype を一時退席に切り替えてから FTP で一時退席表示の画像をアップロードします。オフラインや取り込み中も同様です。

ただそれだけのことなのですが、実際にそれを毎回手動でやるとなると幾つかの工程があるので面倒な作業になってしまいます。そこで、それらの作業を可能な限り自動化させることで日常的に使えるレベルにすることができました。

まずは 4 種のステータスに合わせて 4 種類の画像を用意します。これらに別々の名前を付けてパソコンに保存しておきます。
FTP で画像をアップロードするバッチファイルとコマンドファイルを作成します。この時、4 種類別々に作りますが、アップロードするファイル名はすべて同じ(以下の例では“status.png”)にします。
(バッチファイルの内容はご自分の環境に合わせて書き換えてください。以下はあくまで一例なのでそのままでは使えません。)

例:
バッチファイル(online.bat)の内容
FTP -s:online.txt
exit

コマンドファイル(online.txt)の内容
open ftp.mysite.ne.jp //接続先サーバ
apollo //ユーザ名
abcd1234 //パスワード
cd skype //リモートのディレクトリの移動
lcd C:\Users\apollo\Documents\www\apollo\skype //ローカルのディレクトリ
bin //binaryモードに
put online.png status.png //online.png の名前を status.png に変えてアップロード
bye //終了
(「//」以下はコメントです。削除してから使用してください。)

アップロードした画像を表示する HTML タグと、表示を切り替えるスクリプトをウェブサイトに埋め込みます。(詳細は過去記事を参照。)


<a href="skype:YourSkypeName?chat"><img src="http://www.mysite.ne.jp/skype/status.png" style="border: none;" width="114" height="20" alt="ログイン状態" id="mystatus"></a>
<script type="text/javascript">
var nowdate = new Date();
var stamp = nowdate.getTime();
document.getElementById('mystatus').src="http://www.mysite.ne.jp/skype/status.png?"+stamp;
</script>

あとは、Skype を起動したらステータスに合わせてバッチファイルを起動するだけです。一瞬でアップロードが完了し、ウェブサイト上のステータス表示も切り替わります。

バッチファイルはショートカットを作り、アイコンを Skype のプログラムから読み込んで変更しておくと見た目で分かりやすくて便利です。ショートカットの設定で最小化状態で起動するようにしておけばウィンドウは表示されません。

このショートカットを一つのフォルダにまとめておき、タスクバーのツールバーとして登録しておくとさらに使いやすくなります。

これでタスクバーのアイコンをワンクリックするだけでいつでもログイン状態表示を切り替えられます。

パソコンって便利!

2015/05/27

通話手段による音声品質の比較

私のサイトの電話占い(→ボイスチャットで占う)ではいくつかの通話手段に対応しているのですが、通話手段によって音質がかなり違います。音質が違うと占いの印象も変わると思います。

そこで、それぞれの通話手段の音声を録音して比較してみました。


対象の通話手段は以下の通りです。
  • 固定電話(ひかり電話)
  • 携帯電話(au F001)
  • Skype(スマホのアプリ)
  • LINE(スマホのアプリ)

また、比較の参考としてパソコンに接続したマイクで直接録音した音声も 2 種類録音しました。(過去記事「ヘッドセットのマイクの音質を比較してみました」でも使っています。)
  • スタンドマイク(MS-STM88SV)
  • ヘッドセット(HS-HP08BK)

2015/05/21

コンビニのコピー機で印刷品質を比較~セブンイレブンとローソン

以前はコンビニのコピー機でスキャン機能の比較をしましたが、今回は同じくセブンイレブンとローソンのコピー機で印刷品質を比較してみました。

サンプルとして用意したのはローソンのコピー機でスキャンした画像を埋め込んだPDF文書です。スキャンした時と同じ解像度の画像を1枚埋め込み、同じ画像を8分の1程度に縮小してから元の画像と同じサイズに引き延ばしたものも埋め込みました。

文章で説明すると伝わりにくいと思いますが、要は高解像度の画像と低解像度の画像を同じページ内に並べてみたということです。

このサンプルをまずセブンイレブンのコピー機で印刷(文書プリント)してみると、発色については鮮やかで綺麗に見えました。高解像度の画像の方は問題はなさそうでしたが、低解像度の画像の方は輪郭や細かい線がギザギザして見えました。つまり、拡大された画像を特に加工無しにそのまま印刷したような感じです。

今度はローソンで印刷してみると、発色がやや色あせた感じに見えました。高解像度の方の品質はセブンイレブンのとほぼ同じで問題はなさそうでしたが、低解像度の方はかなり違いがありました。ギザギザ感は全くありませんが、その代わり全体にぼかしがかかったような感じになり、ピンボケしたような画質になっています。

低解像度の画像に限って言うと、一見するとセブンイレブンの方がシャープな感じで画質がよさそうにも見えますが、いかにも低解像度の画像を引き延ばしたという感じで印象は良くないかもしれません。ギザギザ感の全くないローソンの方が自然な感じで印象は良いと思います。

高解像度の画像を使うならどちらでも問題はなさそうですが、発色の点ではセブンイレブンがやや有利。しかし、解像度の違いによって品質の差が出にくいローソンの方が失敗はしにくいかもしれません。

どちらも一長一短ですが、思っていた以上に違いは大きいので悩ましいですね。

スキャンの品質ではローソンの圧勝でしたが、印刷品質に関しては元となる画像の品質さえ気を付ければセブンイレブンで良いかなという感じです。

結果的に、ローソンでスキャンしてセブンで印刷ということになりそうですね。